【わしらぁ、ものづくり人!】津田出身!自在窯 出嶋正樹さん

13240735_704179799685032_6645337236751477568_n

5月18日水曜日 わしらぁ、ものづくり人!
自在窯 出嶋正樹さんにお話をお伺いしました。
廿日市市津田で陶芸作家として、主に食器や花器を製作しています。
子供の頃からおもちゃやさんになることが夢で、見事その夢を叶えたあと今度は陶芸の道へ。
7年間栃木・益子で修行し独立。
昨年はロンドンにいき、ソーダ焼成という技法を学んでこられました。
こだわりの土をとりよせ、手で粘土を作りるといった手間が大変だけど、作品が出来上がる楽しみは換えがたいものがあるそうです。
師匠に教えていただいたことを後世に伝えていくこと。残していくこと。
ものづくりはその人その時、その環境によって変わるもの。今の自分をさらけだしてしまう存在。
満足するのか襟をただすのか。
永遠に続く戦いで、その長いトンネルを越えた先の喜びに向かって取り組んでいくという言葉に、出嶋さんの気持ちの強さを感じました。
素敵な作品が集う個展を、7月7日~13日まで広島市中区八丁堀福屋で開催されます☆
https://m.facebook.com/自在窯-出嶋正樹-124365144432425/

山本千帆里

 

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: わしらものづくり人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«