【天気と防災】広島市江波山気象館と桜

17499262_973150916121251_493537886947992820_n

3/25おはサタ761
【わかりやすい天気と防災】コーナー
広島市江波山気象館と桜について
江波山気象館学芸員の遠藤さんにお電話つないで
伺いました!

昭和9年に建築され、もともと広島気象台として
ここ江波山にて気象観測されていました。
原爆でも被災し、その後気象台は八丁堀に移転、
現在は日本では珍しいお天気の博物館となっています。

この江波山気象館のある江波山は桜の名所。
有名なヒロシマエバヤマザクラは広島の天然記念物にもなっている大木で、ソメイヨシノの
約1週間後に咲きはじめます。
25日現在はソメイヨシノはまだ蕾の状態、
月末から4月に咲きはじめるのではとのことです!

原爆を乗り越えた被曝桜や建物です。
気象館はサイエンスショーやワークショップなど
お子さまと楽しめるものがたくさん企画されて
いますのでぜひ足を運び、天気や防災について
関心をもっていただけるとよいなと思います。

広島市江波山気象館

ホーム


082-231-0177

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: 天気と防災   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«