【天気と防災】日本赤十字社・地震災害の救護活動について

18491851_1014323938670615_8974681908869733901_o18447639_1014327052003637_5462160253476405278_n

 

 

 

 

 

 

18519823_1014327038670305_932623265132863465_n

5/13おはサタ761
「わかりやすい天気と防災」コーナー
日本赤十字社 広島県支部 事業課 新谷孝明さんに
お電話を繋いで、地震災害の救護活動について
うかがいました。
赤十字と言いますと献血のイメージが強いですが
災害救護活動は柱となる重要なものです。
医者や看護師を被災地に派遣する医療救護活動が
中心ですが、ほかにも救援物資を送ったり、
血液製剤の供給、義援金の受付、ボランティア派遣、
避難所の環境調査などもあります。
災害が発生すると非日常の生活にガラッと
変わってしまいますが、気になることがあれば
あまり構えずに救護所を活用してくださいとのことです。
また救急法や防災・減災セミナーも行なっています。
災害直後の公助が期待できない時もありますので
自助、共助の知識や力をつけることも大切です。
赤十字の活動は県民の皆様からの寄付で成り立っています。
どうかご理解いただき活動資金などのご協力を
よろしくお願いいたします!

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: 天気と防災   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«