【天気と防災】地域防災(廿日市市四季が丘)

【わかりやすい天気と防災コーナー】
テーマ 地域防災
四季が丘地区自主防災連絡協議会議長 前田幸太郎さんにお電話でお話しを伺いました。
四季が丘は、1987年に分譲開始され、今年で30年になり、現在2100世帯、人口6000名の街です。
11の各町内会が、救命救急や防災訓練などの様々な自主防災活動をされています。
本日29日の夏祭りのイベントでも、防災ブースを設けて、防災クイズもなさるそうです。
また、9月に四季が丘小学校で避難時の不便さを体験する「防災キャンプ」、10月には自分の街を知ろうというテーマで「防災ウォーキング」を開催されます。
前田さんは、災害発生時は誰も助けてくれない。
まずは自分の身は自分で守ることを自分自身で家族と一緒に考えてほしい。とおっしゃっていました。

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: 天気と防災   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«