【わしらぁ、ものづくり人!】木版画家の皆本典子さん

20638679_1077283125708029_4424104501613179894_n

8月2日(水)朝10時からの「わしらぁ、ものづくり人!」のゲストは 木版画家の皆本典子さんでした。
日本版画会に所属され、現在は サンプラザのカルチャークラブで講師も務めていらっしゃいます。

木版画との出会いは 約30年前でした。
それまでは 絵を描かれていましたが、当時 廿日市特別支援学級の教師をされていて忙しく、絵画を出展する為に大作を描く時間が中々取れず、先輩に勧められ はがき大から手軽にできる木版画に転向。本格的に始められました。

絵を考え、板を掘って、紙を置き、すって、紙を剥がすのですが、その剥がしてみないと、重ねてみないとどのような作品になっているのか分からないところが面白いところでワクワクします。
やりがいは、その作品を出展し評価して頂いた時だそうです。
自分の為にしていますが、その作品が人に感動して頂いたり喜んで頂いた時喜びを感じます。
また 最初は値段は付けられなかった作品も 個展を開いて買って下さるようになった時も喜びややりがいを感じます。
反対にご苦労は 納得する作品を作る為に 最後は徹夜状態になることです。

その皆本さんにとってものづくりとは…
木版画を製作している時は、徹夜をしてでも その世界にどっぷり入れる、精神的な支えでもあり生きがいです との事でした(*^_^*)

さて、皆本さんの今後の予定ですが、
9月に皆賀公民館に作品展示
11月のアートフェスタの街かどギャラリーに出展
創作家庭料理 森下さんで展示
12月は埼玉県で皆本さんのお嬢さんとご一緒に親子展を開催…お嬢さんは 木版画ではなく、レジンという紫外線で固めるアクセサリーや小物です。色合いはセミの羽根のようなイメージです。

是非、皆本典子さんの作品をご覧下さいね

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: わしらものづくり人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«