【天気と防災】学校防災

21765260_1112152815554393_753924256729038644_n

【わかりやすい天気と防災】
テーマ 学校防災
廿日市市立 四季が丘小学校
西 和子校長先生、松田 綾子先生にご出演頂きました。

四季が丘小学校は、廿日市で一番最初に防災教育を始められた小学校です。
平成28年度からスタートし、小学校3年生〜6年生の生徒さんが防災学習に取り組んでいます。
小学校3年生から防災施設、防災公園、防災倉庫の見学をすることで意識を持ち、4年生では自分たちで調べ、手作り防災教室を行い、5年生は砂防堰堤の見学、土砂災害について学び、6年生は総合的にまとめて、中学生や大人の方々との連携をはかります。

先週の16日は、泊まりで行うはずの防災キャンプが台風18号接近に伴い、1日だけの凝縮された内容で開催されました。
台風が近づいていたこともあり、生徒さんたちは防災についてより真摯に受け止めていらっしゃったそうです。

四季が丘地区の方々は、お子様から大人の方々まで防災への意識が高く、私自身も非常に勉強になります。

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: 天気と防災   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«