【わしらぁ、ものづくり人!】宮島の鹿の角を使った万年筆・多山文具さん

27858327_1225656034204070_5838255842164168015_n28055997_1225675630868777_3074758712374096800_n

 

 

 

 

 

 

27857841_1225675600868780_8323818931729695581_n27868123_1225675574202116_3998368336711252267_n

 

 

 

 

 

 

 

27972194_1225675617535445_9144645258644078937_n 27973756_1225675584202115_4268591040272672617_n

 

 

 

 

 

 

 

1月31日(水)朝10時からの「わしらぁ、ものづくり人!」のゲストは、株式会社 多山文具 会長の多山宰佐(たやま ただすけ)さんでした。
会社は、文房具、事務機の販売ですが、現在 社長はご長男の拓郎さんで、宰佐さんは、様々なボランティア活動に取り組まれています。
多山文具創業120周年を記念して、世界遺産の宮島の鹿の角を使った筆記具が出来ないかと検討して 麋鹿(びろく)万年筆を作り 話題になりましたが、多山文具創業120周年にあたる昨年、多山文具本通ヒルズ前に元広島カープ黒田投手の地元最終登板時のピッチャープレートが入った石碑が出来たことで、これも何かのご縁だと思い、黒田グッズの製造依頼をし、カープ球団の許可も頂き実現する事になりました。
元黒田投手の背番号15に因み、まずは、1月15日に5種類のノートセット、2月15日に4色プラスシャープペンシルがついたボールペンが販売されました。また3月15日がポーチ、4月15日にホーム用、ビジター用の2種類のフィギュアが販売されます。
一方で 農業がお好きな宰佐さんは50歳から60歳までの10年間 周防大島で 有機栽培で野菜作りをされていましたが、今後も農業に携わりたいと島根県の浜田市と協力して新しい企画も考えていらっしゃるそうです。
今後のご活躍も楽しみです。

Bookmark this on Google Bookmarks

カテゴリー: わしらものづくり人   パーマリンク

コメントは受け付けていません。

»«